タイトルの通りです。

Diary Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
HDDレコはフル回転(その11
ここ最近多忙で、深夜映画などを全然録画できていなかったため、
HDDの容量が、ずいぶん空いてきました。DVD-RAMに移植した
番組も、着実に鑑賞しては、HDDの中身を、空いたところに移植、
を繰り返し、大分整理ができてきています。
・・・とりあえず、「純情きらり」が終了したので、朝ドラマを録画せずに
済むので、少しほっとしていますw

三船敏郎氏版の「無法松の一生」や向田邦子氏の戯曲「びっくり箱」
の放送などを鑑賞した後で、前々から鑑賞の機会を逃していて、
偶然BS放送分を録画しておいた、「太陽がいっぱい」を鑑賞しました。

大昔、オルガンの指導を受けていた頃に演奏した曲のひとつという
事もあり、有名すぎる主題曲が、各所各所で用いられておりまして、
苦労して練習した事を思い出しながら、鑑賞致しました。

主人公トム・リプリーが体現していた、「ねたみ・嫉妬→強い欲望の
変奏」が、友人&別の友人(最初の友人失踪を疑ったため)殺害+
財産と彼女乗っ取りという行動を引き起こし、最後に計画を警察に
見破られ、完全犯罪の計画が潰れてしまう、一連の流れ。

原作者のパトリシア・ハイスミス氏は、ミステリーめいた作品を
多くものしている方ですが(河出書房から、翻訳が数作品、発売
されていたはず)、この作品に限っては、トムという人物を描きた
かったのか、あるいは、もともとは単なるミステリーだった作品を、
監督のルネ・クレマン氏や脚本家の方々が、「トムとその欲望の
物語」風に、アレンジを加えたのか、どちらなのかと、鑑賞し終えて、
かえって気になり始めました。

*****

今は、秋田大曲の花火大会の中継を鑑賞中です。花火の生鑑賞は
苦手(人ごみが酷い場所が多いため)なのですが、TVだと、安心して
鑑賞できます。
ご存知の方も多いと思われますが、他の花火大会と違い、大曲の
大会は、花火屋・花火作家の方々のコンペティション(優秀作品は
総理大臣表彰があります)なので、どの作品も、力の入れようが
違う、というのが売りですが、現役の花火作家さんが、解説者として、
花火の構造や、空中で爆発した際の、色とりどりの火花の散り方
などを、事細かに説明してくれるため、「花火学?」に関する、
簡単な勉強も可能です。

*****

秋田には、そうそう滅多に行けませんし、人ごみも苦手な、私の
ような者のためにも、このような放送は、毎年してもらえると、本当に
有難いな、と思う次第です。
スポンサーサイト
| diary | 21:07 |
何であっても、サプライズは恐怖。
ある方の日記で、ご主人様からの「サプライズ・プレゼント」を楽しみに
しているといった記述を見かけたのですが、「『サプライズ』が平気な
方もおられるのか」と、少し驚きました。

*****

私は、プレゼントなど、結果が「喜ばしい」と思われるものであっても、
そこに「サプライズ」がある限り、楽しみにする事も喜ぶ事もできません。
交際相手から、B.D.プレゼントをもらっても、「中身は何?」と必ず問い、
回答をもらってからでなければ、箱や包みを開封できません。

「どこかに連れて行ってあげる」とのお誘いを受けても、行き先を教えて
もらえず、「行ってからのお楽しみ♪」などと言われると、即座に「行きたく
ない」と答えます。
(プレゼントの開封の時より、こちらの方が、拒否感が強いかもしれま
せん)

子供の頃に、両親に拉致される形で「サプライズ・ドライヴ」に散々
連れまわされ、その度ごとに、家に帰してほしいと、かんしゃくを起こし、
泣き喚き、暴れ回る事を、何度も何度も繰り返してきたにもかかわらず、
両親は、この「困った趣味」を、止めてくれる事はありませんでした。
この時のトラウマも、影響しているのかもしれませんが・・・

(先日父と会った際、この話をすると、「そこまで苦痛がっていたとは
知らなかった」と驚かれたのですが、幼少時、あれだけ暴れて泣き
叫んでいた私を見て、同じ事を思いもしなかった父も、大概なのですが
(-_-# ,,))。
| diary | 06:05 |
サポーター分布・分裂
Jリーグのクラブを応援している方々の中には、ラグビーや
アメリカンフットボール、野球、バスケットボールなど、
他スポーツのクラブを、掛け持ち応援している方も、少なく
ありません。
(私もそのひとりですw)

ただし、他スポーツの応援になると、同一地域内に複数の
クラブがあると、「分裂現象」が起こります。

FC東京のサポーターは、バレーボールとアメリカンフット
ボールでは、まとまって応援するのに、ラグビーになると、
東芝・リコー・サントリーと3分裂します。

また浦和レッズのサポーターの中には、女子サッカーでは
(東京Vの系列チームにあたる)日テレベレーザを応援して
いる方も、少なくありません。

※浦和レッズには女子チームがあり、日テレとともに、
日本女子リーグに参加、優勝争いをしています

交際相手の知り合いに、Jリーグは鹿島アントラーズ、女子は
ジェフユナイテッド市原・千葉レディースを応援している方も
います。
(その方、私も一度お会いした事があるのですが、言動に
気になる点があるな、と思ったら、どうも私と同じく、
当事者の方のようです、彼曰く、「私よりも重い」のだそう
ですが…)
| diary | 11:12 |
HDDレコはフル回転(その10
本日はDVD-RAMの中身を空けようと思い立ちました。

フランス映画「仁義」を鑑賞後、同じRAMに入っていた「対馬丸
さようなら沖縄」を観ました。

1944年に起きた、本州への疎開する児童が多く乗船した、
貨物船「対馬丸」が、米軍潜水艦に撃墜され、多くの児童が犠牲に
なった海難事故を扱ったアニメーションです。

作品の後で、那覇市内にある対馬丸記念館の紹介があったの
ですが、遺品・遺影の収集は、沖縄本島が戦場となった事もあり、
現在、殆ど(遺影に至っては、犠牲者全体の2割程度)しか、収集
されていないのだそうです。
広島原爆記念館の遺影より、下手をすると収集率が低いかも
しれません。

*****

今は、「噂の二人」を鑑賞中です。
米劇作家Lilian Hellmanの『子供の時間』の再映画化(前回は確か
1936年製作の「この三人」)です。
生徒の流言のために、同性愛の関係にあると疑われてしまう、
ふたりの女性教員の物語です。
どのような展開が待っているのやら。
| diary | 18:41 |
毎度恒例、Amazonからの悪魔の誘惑です。
[毎度恒例、Amazonからの悪魔の誘惑です。]の続きを読む
| diary | 20:57 |
私だけではない…と思うのですが
ネットを始めてからずっと、今に至るまで、頻繁に、
本来の生物学上の性別とは逆の性別だと、思われる・勘違い
される経験をしてきています。

HNが、何れかの性別をほのめかすものでないというのも
一因ですが、よく理由に挙げられるのが、「文章が論文風」
「文章から感情が感じられない」といった特徴です。

流石に、ネットで知り合った、同じチームを応援する方と
初めてお会いした際、

「BBSの書き込みを見て、勝手にダンディーなおじ様風の
人だと思ってた」

と言われた時は、リアルでorz状態となりましたが…。

某ベストセラーの「男脳/女脳テスト」にて、80点(=ものの
見事な男脳)などというスコアを、叩き出してしまった、
私の脳のなせる技なのでしょうか。
| diary | 19:43 |
HDDレコはフル回転(その9
昨日から始まった、セルジョ・レオーネ監督特集
(昨日放送の、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・
アメリカ」は、寝込んでしまい、見逃しましたorz)
の録画のため、録画し溜めていた、溝口健二監督作品を、
がしがしと鑑賞中です。

溝口氏のお弟子筋にあたる、新藤兼人監督のドキュメンタリー
「ある映画監督の生涯」から始まり、1時間程度のドキュ
メンタリー、「時代を越える溝口健二」、と観て、京都の
芸者業界を描いた「祇園囃子」と、続けて鑑賞したのですが、
「ある映画監督の生涯」では、溝口氏に散々嫌がらせを
された、入江たか子氏や、氏に恋愛感情を抱かれていたとの
噂があった、田中絹代氏へのインタビューもありました。
よく応じたものだと、入江・田中両氏の、女優としての、
プロとしての意識に、感心するばかりでした。

また、身分不釣り合いの夫の、嫉妬深さや価値観の相違に
悩み、破滅していく、旧華族の妻を主役とした「雪夫人絵図」
では、夫役を演じた柳永二郎氏の熱演が見事でした。
好きな俳優のひとりである山村聡氏が、珍しい役どころで
出演されています。
(こう書いておきながら、雪の友人の、琴の師匠役を演じて
おられた、上原謙氏と山村氏の区別が付かなかったのは、
ここだけの話ですwwwww)
| diary | 17:11 |
サッカー観戦。
bus

stadium

greeting


昨日は、ヴィッセル神戸と徳島ヴォルティスの「海峡ダービー」観戦に
行っていました。

普段の試合は神戸市内のふたつのスタジアムのいずれか
(ユニバー記念競技場と神戸ウィングスタジアム)で開催されますが、
この試合は神戸市より少し北に位置する、三木市の三木防災公園
陸上競技場での開催でした
(今月末から始まる、兵庫国体のアピールのためでしょうか)。

・・・この公園、手伝っているサッカーチームの試合会場として、
過去何度か行っているのですが、山の中にあるため、交通アクセスは
最悪(最寄り駅から徒歩で50分程度歩きます、殆どの方は、車か
タクシー使用でなければ、たどり着くのは無理でしょう)な場所です。

J2(Jリーグ2部)の試合、しかも場所が神戸市外にもかかわらず、
4,000人を超える方々、しかもそのうちのかなりの方は、海を渡って
来てくださった、徳島サポーターの方々でした。

試合は、4-1で神戸の勝利で終了。
試合後、サポーターに挨拶にきた徳島の選手は、疲れのためか、
のろのろと歩き、控え室に戻っていきました。

徳島には、私が応援しているチームに、かつて所属していた選手が
いる(先発で出場していました)事や、同郷の選手が複数名いる事、
JFL(その時は大塚FCという名称でした)の時は、圧倒的に強かった
事を思うと、怪我人が多い事を考えても、今の成績は残念です。
| diary | 09:26 |
苦しすぎます・・・。
大阪府寝屋川市の小学校で、当事者と診断された(逮捕後)少年が
起こした教員殺傷事件の判決が、本日出たのですが、その報道の
際に紹介されていた、弁護側の主張:

「少年は、発達障害のために、包丁で(人を)刺しても、死に至るとは
考えがつかなかった・・・(以下略」

これに対して、判決文は、この一言で否定していました:

「少年が事件を引き起こすきっかけとして、発達障害の影響が
あったかもしれないが、直接的な影響ではない」

*****

弁護士の皆様、お願いですから発達障害についてもっと勉強して
下さいませorz orz orz
いくら何でも、「包丁で生物を傷つければ、場合によっては生命を
失う」事を、「障害のゆえに」理解できないなんて事はありません
(外界の情報から隔離されて、一切の教育を受けずに成長した場合
ならばいざ知らず・・・)
| diary | 19:33 |
合併悲喜こもごも
鹿児島県は全国でも有数の、女子サッカーが盛んな地域です。
特に、高校サッカーの分野では、ふたつの強豪校(どちらも、高校
選手権で優勝した事があります)を揃え、同じく、優勝経験ありの
強豪校をふたつ抱える宮城県ともども、その名をとどろかせています。

そのふたつの強豪校ですが、所在自治体が市町村合併に巻き込まれ、
それぞれ住所が変更しました:

鳳凰高校:(旧)加世田市唐仁原・・・
       (新)南さつま市加世田唐仁原・・・

神村学園高等部:(旧)串木野市下名・・・
           (新)いちき串木野市下名・・・

南さつまはともかく、いちき串木野は、ネット上で「いんちき串木野市~」
などと言われていたので、口の悪い他校の生徒さんあたりが、笑いの
ネタに使いそうだ、と思うと、面白いやら気の毒やらで、いろいろ複雑な
思いが致します。

*****

こちらは地元住民の反対で、めでたく実現しなかった話ですが、
青森県板柳町(力士の高見盛の出身地です)と鶴田町が、合併して
市制施行しよう、という計画を練っていた時、板柳町側が、新しい
市名として提案した名前が、「あっぷる市」というもの。
旧町名の一部でも残したいと考えていた、鶴田町側の猛反対で、
結局合併話そのものがぶっ潰れた訳ですが、仮に実現していたら、
大相撲での、対戦前の紹介アナウンスが、こうなっていた可能性も
あります:

「・・・高見盛、青森県あっぷる市出身、東関部屋・・・」

・・・実現しなくてよかったですね、高見盛関・・・orz

*****

最後は、自民党総裁選に出馬中の、麻生太郎氏の選挙区(福岡8区)
内にてあった話。
山田市・嘉穂郡嘉穂町・稲築町・碓井町が合併し、「嘉麻市」という
新市が誕生したのですが、この「嘉麻」という地名は、大昔、郡部が
合併して嘉穂郡を新設した際、一旦消滅した地名でした
(旧嘉麻郡+旧穂波郡=嘉穂郡)。
合併に際して、「失われた古い地名を復活させよう!」というところから
採用された市名なのだそうです。

歴史の片隅で忘れられていた地名の復活、というのは、郷土の歴史の
尊重の姿勢が垣間見られて、何となく嬉しいものです。
| diary | 17:56 |
数学的思考?
最近、いろんな事を、数学的に考える対象にならないかしら、と思い
巡らす事が多くあります。

満員電車に乗車している時、乗客を体系別に区分し、どの位置にどの
体型の方を、どの方向に向いて乗車してもらうと、1車両あたりの乗車
人数を、より安全に(急停車の時、無駄な隙間ができていると、倒れた
際に、隙間に全身が落ち込む可能性があり危ない)、より多く乗車が
可能になるかどうか。
 ※数学では、「詰め込み理論」による考察対象となるようです

工場などのライン作業の際、商品をどのくらいの間隔をおいて、
ベルトコンベアーに乗せて流せば、その後の作業が、より効率的に
できるようになるのか。
(間隔を空けずに商品を並べると、ベルトコンベアー前で作業をする
従業員が、裁ききれない商品を、一旦コンベアーから上げる作業に
追われ、本来やるべき作業ができなくなります)

・・・数学が原因で、高校を2度留年しかけたため、実際に立式して、
計算式を脳内で巡らせる事はできないのですがorz orz orz
| diary | 22:46 |
火傷にご注意。
finger


アツアツの鉄板を、既に熱が冷めたものと間違えて、思い切り指で
触れてしまい、火傷をしてしまいましたorz
細かい作業をする際、ばんそうこうでカヴァーしているとはいえ、
まだまだ痛みがあります。
| diary | 21:33 |
知識を軽視するなかれ
(社会的なものを含め)想像力欠如の問題に、ここ最近
取り付かれています。

私自身にも、想像力の障害が、一応ありますが、それを
如何にして、克服しようか、という壁にぶつかった時、
知識や経験から得られたデータを、とにかく脳内に詰め込み、
そのデータをヒントに、状況を推測する事で、完全とは
いきませんが、ある程度カバーできたように思われます。

私にとって知識とは、生きていく上でのヒントとなって
くれている、有難い存在でした。
それがトリビア的なものであっても。

だからかもしれませんが、知識の重要性を軽んじたり、
自らの知識の欠如を指摘された時、認めて「勉強します」と
言わず、開き直っている方々を見ると、疑問を覚えます。
| diary | 11:32 |
またまたAmazonからキター
今回は、以下の推薦書籍リストをもらいました:

John Knowles, _A Separate Peace_
Ernest Hemingway, _In Our Time_
Jean Baudrillard, _Simulacra and Simulation_
David M. Kennedy, _Over Here: The First World War
and American Society_
Suzanne Marrs, _Eudora Welty: A Biography_
David Levering Lewis, _When Harlem Was in Vogue_
Alain Badiou, _Being And Event_
C.S. Lewis, _The Chronicles of Narnia Boxed Set_

*****

今回は、ほしい本ばかりで、かなり悩むところです。
Marrs氏によるWeltyの伝記と、『ナルニア国物語』のボックスは、
購入できるものなら、今すぐ購入したいです。

自宅にある『ナルニア』のペーパーバックは、もともと、授業の
テキストだった(英米の児童文学の授業を取っておりました)
事もあり、書き込みだらけ、付箋だらけ(はがしておけw)という
惨状でして、まだ購入していない(翻訳で読んだ)Le Guinの
_Earthsea Quintet_(『ゲド戦記』)の4作目・5作目とともに、購入
優先順位がかなり高い書籍だったりします。

*****

Weltyは、日本ではなじみの薄い作家かもしれません。
翻訳が入手困難(一番入手容易なのは、短編連作集、『黄金の
林檎』くらいでしょう)な上、散文詩のような文体の下に、主義主張や
作品の主題めいたものを、うまく埋ずもれさせているため、たとえ
翻訳で読んでいても、非常に難解です
(とはいっても、Weltyと同じく、アメリカ南部出身のWilliam Faulkner
あたりは、もっと難解な小説を、わんさと書いている訳でw
ただし、Faulknerの場合、社会問題(特に人種問題)などを、かなり
明確に、作品全面に押し出していますが)。

彼女の作品を読み、ファンを通り越して、論文まで書いてしまった
立場としては、ブームはお断りですが、一番作品としての評価が高い、
短編集(3冊あります)の翻訳を、出してくれないかしら、と思うばかり
です。
| diary | 14:43 |
HDDレコはフル回転(その8
松田聖子氏が、アイドル歌手時代に出演した作品のひとつ、
『プルメリアの伝説 天国のキッス』を鑑賞中。

松田氏が演じる、主人公恵美子のおば(声からして、演じて
いるのは朝丘雪路氏かと)が、恵美子のお見合い相手
(山下真司氏)の顔を評して一言、

「アラン・ドロンと・・・『追憶』とかいう映画に出ていた人
(※ロバート・レッドフォード氏の事)を、足して2で割ったような・・・」

妙な違和感を感じるのですが・・・

delon

redford

yamashita

| diary | 18:04 |
名試合。
録画してあった、高校野球の試合を観ています。
東洋大姫路高vs駒大苫小牧高戦は、やはり改めて観ると、
がっくりきますが、東洋大姫路高の選手が、後半になるに
つれて、疲れからか、ミスの頻度が上がり、そこを駒大
苫小牧高側に突かれてしまった、との印象があり、優勝
候補(今年は準優勝)チームとは、どのような事が、試合で
できているのかを、改めて痛感させられます。

智辯学園和歌山高と、帝京高の試合は、まだ途中までの
観戦ですが、智辯学園和歌山高の打撃陣の活躍が目立つ
一方で、帝京高側の投手の調子の悪さが目立ち、とうとう
その投手は、交代させられてしまいました。

これから、どのような展開になっていくかが、楽しみです
(試合結果が、凄まじい点の取り合い競争でしたので)。
| diary | 12:36 |
| ホーム |

プロフィール

あるひーぶ

Author:あるひーぶ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。